Color Healing Art in 屋久島

屋久島の尾之間にある自家発電のマンダラエコハウスで行われている色を体験する楽しいワークショップ

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

カラーヒーリングアートの感想 Sさんより

ビギナーの私でも、出来た作品を見ると、それなりに美しくできて、これぞ、自画自賛!

うれしいです。

最初に色を選ぶ時には、何も考えずにふと手にとっているのに、

色を載せる過程になったとたんに、

自分の中に音楽や風景が実にはっきりと浮かんでくるのが、

とても不思議でした。

第1のワークでは、昨晩ふと聞いていたベートーベンの「悲愴」があらわれて、深い悲しみが青に、悲しみの中から立

ち上がる力強い生命力がピンクになりました。

音が目で見えるなんて、、、なんだかオイリュトミーに似ていますね。

第2のワークでは、深い藍色が生まれ故郷の冬の海になり、凍った海に落ちる熱い落日がオレンジに、空に深く垂れ込

める雲は灰色に。

自分の心の中が色になってあらわれるのは、ふだんは見えない心の中を手の平に取り出してみたような感じです。



そして、それは、少しもためらいや恐怖のない、

とても気持ちのよい体験でした。

言葉で心の中を語れと言われたら、きっともっと抵抗があると思います。

私は趣味でバレエを習っているのですが、腕前の方はへたくそなのですが、踊りも表現のひとつで、たとえば「喜び」

ひとつ表現するにも、言葉で「うれしい」と言えば、数秒ですむものを、

わざわざ何分もかけて踊っていたりするわけで、

そして、それが人に伝わる時、感動をともなう「喜び」になるんですよね。

今日のカラーヒーリングアートもそれと似ているなと思いました。




芸術によって、心が動かされることは、人が人である証だ、、、なんて、

ちょっと大げさでしょうか。

ふだんは、無責任な言葉や思考ばかりになりがりな日常なので、

芸術、感動、これを忘れないようにしていきたいなと思いました。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。